HOME>オススメ情報>健康な細胞を傷つけずに、がん細胞を攻撃します
看護師

自分の血液から細胞を採取する方法です

精神的なストレスを強く感じていたり、仕事や育児が忙しく、疲労が溜まったりしていると体の免疫力が低下します。体の免疫力が低下すると、がん細胞が増殖しやすくなり、発病をすることもあります。10代から、50代以降の年代まで、誰でも罹る可能性のある病気です。外科手術を受けた後は、抗ガン剤や放射線治療を受ける必要があります。抗ガン剤は正常な細胞にも、悪影響が出てしまうので、辛い副作用で悩んでいる人が少なくありません。大阪の専門病院では、免疫療法などの先進医療による治療を行っています。免疫療法は患者の血液から、樹状細胞の元になる細胞を採取して、培養をすることでワクチンを作ることが出来ます。採取した細胞を体内に戻すことで、正常な細胞にはダメージを与えずに、がん細胞だけを攻撃するため、体に負担が少なく、副作用の少ない治療が受けられます。

安全性に優れており、副作用が少ないです

大阪の専門病院は、高い技術を持った医療スタッフが在籍をしており、免疫療法について詳しく説明を行っています。がん細胞の増殖や転移などを防ぐためには、外科手術を受けた後も治療を続ける必要があります。免疫療法は現代は大変注目されており、治療を希望している患者が増加しています。基本的には保険適用は受けられないので、治療費はやや高めになっています。抗ガン剤治療は多くのメリットがありますが、体力の低下や副作用などで悩んでいる人もあります。免疫療法は自分の細胞を培養するので、安全性に優れており、副作用の少ない治療です。なるべく体に負担の少ないがん治療を受けたい人に免疫療法がお勧めです。進行がんや難治性のがんなどで悩んでいる人が増えていますが、適切な治療を受けることで寿命を延ばすことは可能です。

広告募集中