正しく理解してしっかり治療

整形

手足の静脈には逆流しないように弁が付いていますが、弁の働きが悪くなってしまうと逆流してしまう可能性が出てきます。また静脈が詰まってしまうと、皮膚に近いところの静脈が今までよりも膨らんでしまいます。これを静脈瘤と呼び、多くの場合は下肢に発生しており、その場合は下肢静脈瘤と呼ばれています。その原因は不明なものもあれば、エコノミークラス症候群によるものもあり、様々です。放置すると悪化していく可能性があるのでまずはしっかりと検査をし、その後日常生活を改善したり弾性ストッキングを利用して圧迫したりする方法などがとられます。また症状が悪化した時は外科的な手術がおこなわれるため、その人の置かれている状況や症状の重さに合わせて最適な治療が選ばれています。

改善するために

足

下肢静脈瘤は決して珍しいものではありませんが、放置しておくと見た目が木になるだけでなく、症状が悪化してしまうことがあるので治療が必要です。ただ、外科的な治療が必要となる場合もありますが、たち仕事をずっとしないなど、日常生活を改善するだけでもある程度改善される場合もあります。したがって治療の際は、できるだけ悪化する前に治療を開始することによって、よりスピーディーな改善が期待できます。また下肢静脈瘤は下肢にできるものなので、その人の服装によってはどうしても目立ってしまう場合も少なくありません。人の目に付くことが気になる人もおり、さらにそれがストレスになる人もいるため、治療をおこないこうしたストレスを軽減する目的でも利用されています。

予防のためにも

医者と看護師

下肢静脈瘤はその原因が明らかになっているものもあれば、何が関係しているのかはっきりとはしていないものもあります。ただ、防ぐことができないわけではなく、少し注意するとその症状の発症をある程度防ぐことができる場合もあります。下肢静脈瘤自体は生命を脅かすことはありませんが、ふくらはぎのマッサージなどをするだけでもその症状の予防につながります。したがって、できるだけその症状が出ないように予防するためにも、下肢静脈瘤対策は活用されている状態です。また予防法と言っても決して難しいものとは限らず、例えば適度な運動をするだけでも血行が良くなり、下肢静脈瘤予防につながる場合も少なくありません。ただ運動と言っても何をしても良いというわけではなく、長距離を走ったりする人はどうしても足に負担がかかってしまいます。したがって適度な運動をするだけでなく、無理のない運動を心がけるのも必要となってきます。

広告募集中